2014 - Communications surveillance in the digital age

The myth of global online surveillance exempted from compliance with human rights

Year: 

Authored by: 

Organization: 

Derechos Digitales

Since mid-2013 there have been continuing revelations about the implementation by the United States (US) government of a series of programmes that constitute a system for global mass online surveillance. The initiative involves several agencies, primarily led by the National Security Agency (NSA), in close cooperation with companies that provide services through the internet. The system, which mostly targets foreigners and overseas communications, has affected private communications everywhere, from heads of state to ordinary web users.

Themes: 

Digital surveillance

Year: 

Authored by: 

Organization: 

LEAP Encryption Access Project

This report examines the properties that make digital communication prone to surveillance and provides a general overview of where and how this surveillance takes place. For our purpose here, any internet or phone-based communication is considered to be digital communication, but we exclude from consideration other forms of surveillance such as direct observation or photography.

Themes: 

Credits

Year: 

Global Information Society Watch 2014

Steering committee

  • Anriette Esterhuysen (APC)
  • Loe Schout (Hivos)

Coordinating committee

 

  • Monique Doppert (Hivos)
  • Valeria Betancourt (APC)
  • Mallory Knodel (APC)

 

Project coordinator

  • Roxana Bassi (APC)

Editor

  • Alan Finlay

Assistant editor, publication production

  • Lori Nordstrom (APC)

Proofreading

  • Valerie Dee
  • Stephanie Wildes

Graphic design

Themes: 

The myth of global online surveillance exempted from compliance with human rights

Year: 

Authored by: 

Organization: 

Derechos Digitales

人権の遵守を免除されたグローバルなオンライン監視の神話

アルベルト・セルダ (Derechos Digitales(デジタルの権利))

 

2013 年半ば以降、グローバルな大衆オンライン監視のためのシステムを構成する一連のプログラムの米国政府による実装についての継続的な暴露があった。イニシア チブは、インターネットを介してサービスを提供する企業との緊密な協力で、主に国家安全保障局(NSA)が率いるいくつかの機関が含まれる。主に外国人や 海外の通信を対象とするシステムは、国家元首から通常のWebユーザーまで、至る所で私的な通信に影響を与えている。

 

Themes: 

Digital surveillance

Year: 

Authored by: 

Organization: 

LEAP Encryption Access Project

デジタル監視

エリヤ・スパロウ (LEAP 暗号化アクセス・プロジェクト)

こ の報告書は、デジタル通信を、監視をしがちであるする特性を検討し、この監視がどこで、どのように起こるかの一般的な概観を提供する。ここの私たちの目的 のために、どんなインターネットあるいは電話に基づいたコミュニケーションもデジタル通信であると考えられる。しかし、私たちは、考察から直接観察または 写真術のような監視の他の形式を除外する。

デジタル通信の特性

Themes: 

A principled fight against surveillance

Year: 

Authored by: 

Organization: 

Electronic Frontier Foundation

監視との原則に基づいた闘い

カティッツァ・ロドリゲス(電子フロンティア財団)

エ ドワード・スノーデンが最初に文書をリークする何年も前から、人権弁護士および活動家は、法執行当局と外国諜報機関のデジタル世界上のスパイ行為の劇的な 拡大を懸念していた。法的な保護が技術開発と歩調を合わせていなかったことは明白になった。世界中でスパイ行為をする国家の実際的な能力は、従来のスパイ 能力の検査の機能的な限界の回避を可能にした方法で発展した。これらの懸念は、「コミュニケーション監視への人権の適用に関する国際原則」(以下、「原 則」と表記する)という形でまとめられた。これは、新しい監視技術が私たちの基本的自由をどのように侵食しているか、また、国家どのようにスパイ行為をす る可能性があるかを、人権基準に従ってよりよく理解するために政策立案者、活動家および裁判官を案内することを意図して作成されたものである。

Themes: 

Preface

Year: 

Authored by: 

デジタル時代のコミュニケーション監視 -- 序文

アンリエット・エスターフイセン(進歩的コミュニケーション協会(APC)事務局長)

エドウィン・ハイジング(Hivos 事務局長)

インターネットは、人びとの権利の達成を後押しする重要な手段である。しかし、集合的で民主的な活動のための道具としてのインターネットの可能性は、コミュニケーション監視を通じてゆっくりとむしばまれている。

「コミュニケーション監視への人権の適用における13の国際原則」を基本原理として、今回の『グローバル情報社会ウォッチ』は53か国における監視の状況を検討した。本書はまず最初の8つの主題報告において基軸となる論点の枠組みを提示する。

各 報告が示すように、国家とビジネスはコミュニケーション監視において共謀している。公衆を危害から守るために監視システムが必要かもしれないが、プライバ シーへの権利、国家とビジネスの透明性と説明責任、そしていかなる監視システムをも市民が監督することは、アドボカシーにおいて重要なことである。

これらの13の原則は監視の民主的な監督という集団行動を市民社会が達成するための重要な出発点である。私たちは、GISWatch のこの号がこの変革に寄与することを望んでいる。

Themes: 

Pages

Subscribe to RSS - 2014 - Communications surveillance in the digital age